Facebook page  twitter@pinksapphire__
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
entries.
comments.
trackback.
categories.
archives.
photograph
bookmark.
about.
recommend.
素材満載 ブログで作る かんたんホームページ [CD-ROM付き]
MOBILE
qrcode
other.


2013.02.09 京都 琢磨 ぎおん白川店
2013.02.09ちぃと京都へ
(´ー`*)

琢磨 祇園白川店 HP





奥から順番に座っていきます^^
お料理が次々手際良く出て来ます。
お刺身の醤油が泡なの♪ふきの炊き込みご飯
琢磨のうらの白川は昔は両側に町家が並んでいたそうです。
素敵ですね♡
: 京都 : 08:04 : comments(0) :
八坂神社 清水寺 みこう 2011.2.11
2011.2.11





京都に行きたくなった。

長い事持ったままの お守りも返さなきゃいけないし 

清水寺に行こうか^^

と、トントン決まり

やって来ましたが。

まぁ、

まずはみこうでお弁当を頂いてから(笑)




南座通って



壱銭洋食の店という面白い店構えの店を抜けたら着きました。




八坂神社の狛犬は一角狛犬なん。

日ユ同祖論(日猶同祖論、にちゆどうそろん)とは、日本人とユダヤ人は、共通の先祖を持つ兄弟民族であるという説。

っていうwikiを読んだんだけど、ふぅ〜ん。
面白いね。

今でも天皇の即位に用いられる高御座の台座にも獅子と一角獣(麒麟)と思われる絵が描かれている。(wikiより)




中村鴈治郎さん(中村玉緒さんの兄)が坂田藤十郎襲名の時の絵馬。

でっかいね^^人間国宝なんだ。



梅が咲き池には鴨などもいてました。



円山公園内の龍馬と中岡慎太郎の像や伊東甲子太郎の屯所だった高台寺だっけかな?も行きました。
高台寺はいつか公開されたら行きたい場所です。
その時代 その時代に生きた人々に想いを馳せ。



さー三年坂行って甘いもの食べるぞー!

と急ぐのでした。(笑)



着いた。



胎内めぐりなるものを初体験し。

だから、暗くて狭い所はあかんねんてぇ〜。

パニックになり 知らない人にまで こっちこっちと笑われ(*ーつー)

かなんわ。



帰り道もいい匂いに誘われて何故か天ぷらなどを買ってしまい^^;

あっちぶらぶらこっちぶらぶら(笑)



京都のローソンは茶色なんだね。



東華菜館(とうかさいかん)ていう中華料理屋さんの前はいつも通るんだけど、高級チックで入れないまま随分経ってて^^;

今回も通り過ぎかけたけど、肉まんの写真が!(笑)

肉まんだけ買って帰ろっか〜(笑)

おそるおそる入ってみた(笑)

「肉まんだけでもいいですか〜?」

「どうぞどうぞ」

ご丁寧に中に通して頂きジャスミン茶まで♪ 温まりました♪

お店は外も凄いけど中も素晴しく素敵でした。

こんな所でいつか食事がしたいもんだ。

肉まんも旨かったっす! 神戸の老祥記 (ろうしょうき)と比べてどうだろう?って言ってたんだけど

また違った味で美味しかった。

もう一つのお土産は、ayaちゃんが買った山椒ちりめんです。

京都が近くなったから嬉しすなぁ♪
: 京都 : 22:33 : comments(0) :
貴船神社 2011.1.8 初詣


今年も貴船にやってきました。

どこに初詣に行く〜? って迷ってたんだけど

貴船神社サイトのライブ中継で雪が凄く積もってるのを見て即決定!

っで、いつものように鞍馬から貴船に向かって山越えするつもりで鞍馬でおりたんですが。

雪が凄過ぎて

鞍馬の山頂の本殿までは行けるが、そこからは通行止めになってるとの事。

ガーン!

けど、折角来たんだし 鞍馬の本殿にもお参りして 一旦下りて 貴船に向かう事に。




本殿まではロープウエイじゃなく足で!

と、鼻息荒く登り始めたのですが スニーカーでは滑る滑る(笑)

まさに必死のパッチでしたw

何とか山門。(ちょうちん 天狗の団扇の柄だね^^)

プチトマトみたいだけど、天狗の顔のキーホルダーです。(かごに山積み 笑)


あと393mだそうで ε-(´・`)ふぅ〜。。




何とかかんとか着きました;

いつもの山椒餅w

本殿に着いたら食べる用に別に包んでもらっちゃったw




下りは恐いのでロープウエイで(こけると下まで転がりそうなので 笑)




山椒餅のお店「杉杉堂」さん いつも御馳走様です。




鞍馬駅に帰って来ました。

駅待ち合いはとてもいい雰囲気です。

真ん中にストーブがあって囲むように置かれているベンチには座布団が敷いてあります^^

壁には 鞍馬山の天狗と牛若のお話の絵がずらり。電車を待つ間楽しく拝見しました。




貴船に着きお参り前にはやっぱ飯!(なんでやねんw)

伝兵衛 (でんべい)食べログ

夏の川床料理も美味しいそうで。

今日は川床で食べろと言われたら死ぬけど(笑)

山菜は美味しかったけど、釜飯具が無かったね;




さてさて、急がないと日が暮れちゃうよ!

と急いで貴船神社にお参りに。

水占みくじをして、奥の院へ。




道中誰もいなくて静まりかえった山道。

心洗われるようでした。



杉と楓かぁ。




奥の院は人があまり来ないため、誰も踏んでない雪景色が広がってて素晴しい光景でした。

saiちゃんはそこへダイブしては 立ち上がってその抜け殻を撮っては はしゃいでました(笑)

私は綺麗な雪を取っては むしゃむしゃ食べてました^^;

saiちゃん作 ゆきうさぎ。




また参ります。

本年も宜しくお願いします。(アップ日 2011.5.5 (>艸<*)ぷ )

: 京都 : 14:21 : comments(0) :
三千院 10.5.2
比叡電鉄の「八瀬比叡山口」で降りてバスで三千院まで。
ゴールデンウィークだったので道が混んでて酔った。;;



天台宗の寺院。本尊は薬師如来、開基は最澄(さいちょう)であるそうです。



参道を山の方へ登ると「朱雀門」 

普段は閉じられてるそうな。





さて、

ゴールデンウィーク来訪の私達なので、混む場所から先に廻ります^^

つまり。。。飯☆(笑)



門跡の碑の横に入り口がある芹生さんです。

入り口上がるとストーンと奥まで見える気持ちのいい玄関でした。

一番乗りだったので、他にはまだ誰もなく屋根の下の席なども撮ってみました。

私達はちょっと外に張り出した床で頂きました。


お料理は京風で薄口です。
みぞれ和えなどは、物足りなかったくらいでしたが どれも綺麗で薄味なりに楽しめました。
笹餅 中は麩餅でした。美味しかった。


ケロケロいうので見てみたら席の下の庭に雨蛙。
可愛かった^^

芹生 HP

三千草弁当 (上)¥3307

いい景色な場所での食事で目にも美味しかった〜♪


まだ八重桜も満開でした。

苔むした庭が本当に綺麗で静かで。

日本人で良かったと思う。



聚碧園(しゅへきえん)ではお庭を観ながらお抹茶を頂きました。

つつじが綺麗。

おみくじの元祖であられるそうです。
私は吉でした^^

苔の庭を抜けると往生極楽院。建物は重要文化財。

国宝の阿弥陀三尊。中央に阿弥陀如来。両側に勢至菩薩、観音菩薩。

天井が船底天井という珍しい建物です。

もう肉眼では見ずらくなってましたが、天女などが描かれているそうで。
当時の天井を再現してある建物があり、入ると驚く程鮮やかでビックリでした。
平安末期にこんな発色だったのだろうか。。。

観音菩薩、勢至菩薩は 大和座りという座り方で、こんな仏さん初めて見ました。
いわゆる正座です。
正確にはお尻を浮かせてるそうなので、きっつい型ですね;

かなり珍しいお三方なので必見です。



金色不動明王
この日は、特別拝観出来る日だったそうで♪ らっき^^
しかも丁度私達が着いた時に、護摩を焚かれる時間だったみたいで♪
これまたらっき^^
ひび割れの修復などを終え、御開扉は3年ぶりだそうです。
鎌倉時代の 木造の立像で、護摩の炎の向こうでゆらゆらと恐いお顔で立っておられました。
不動明王と繋がってるという綱のはじっこが屋根から垂らされており、それを握りつつ皆お参りしました。



外に出た所で、梅のお茶の試飲をした。
不動明王さんにお祓いしてもらってるお茶だとか^^


鎌倉時代の石仏さまにもお目にかかりました。

金色不動堂は、智証大師(チショウダイシ)作の
秘仏の金色不動明王を本尊とし、
平成元年に建立。


門跡前にお店がずらりと並んでまして。

美味しそうに外でみたらしを焼いてはるこのお店につられて入り、お八つtimeとなりました(笑)

出る時に気付いたんだけどこのお店、昼食を食べた同じ店の芹生さんでした(笑)


さて、門跡を出て山道を上がると「音無の滝」です。中々ちゃんとした山登りで息が切れた(笑)

三千院をはさんで呂川(りょせん)と律川(りつせん)があり、音無の滝は律川の上にあります。

呂と律とは、もともと中国から伝わり雅楽で用いられている音階のこと。
「呂」の音階と「律」の音階がうまく合わないことを「呂律が回らない」と表したそうで。
「呂律がまわらない」の語源にもなってるそうです。

声明の天才的演奏家であった聖応大師(良忍)が声明の練習をしていたとき、滝の音が音律に同調して音が消えて無くなったと言われ、この滝を「音無」と名付けたと言います。

「音なしの滝とは聞けども 昔より世に声高き大原の滝」西行


最後はお土産(笑)

しそ大福です。

しそも大福も大好きだけど

別々に食べる方が旨いという事がよく解った一品(笑)

まだ廻れてない寂光院などもあるのでまた行きたいとは思うのですが、なにせバスに酔うので私はもう行かないかも。。。;;;

: 京都 : 21:04 : comments(0) :
鞍馬寺から貴船神社へ
おめでとう御座います。
今年は初詣に貴船まで行こうという事になりまして^^
雪が見れるかな〜♪と出掛けました。
以前にも写真はアップしてるので同じようなのばかりになりますね^^;
saiちゃんはここが大好きなのと、私の神様が水神だというのを兼ねてます。

朝7時頃バタバタと出発したので着いた時にはまだ山はこんな朝もやの傘を被ってる感じでした。
寒くて気持ち良かった。

駅の待ち合いはストーブやベンチがあって本当いい雰囲気。

鞍馬の駅を下りたら三つの神様のお一人大きな天狗様がいらっしゃいます。天狗様は永遠の16歳だってみなさん知ってはりました?(笑)えらい16歳ですな〜^^;

何で朝一かと言うとここの山椒餅が売り切れるからです(笑)
ここの山椒餅は他には売ってるのを知りません。非常に珍しく美味しいです。

由岐神社から上の鞍馬寺までケーブルには乗らず歩きます。

鞍馬寺本殿着きました。

由岐神社、鞍馬寺の狛犬は虎なんです^^なんでも
鑑真和上の高弟鑑禎が夢のお告げで鞍馬山に登ると鬼女に襲われたそうで、そこを三つの神様の一人毘沙門天によって助けられたとか。それが、寅の月、寅の日、寅の刻だったためだと伝わっているそうです。

家に持って帰るまで待ちきれずここでお餅をちょっと出して頂きました(笑)

再び出発。この山の中を義経(牛若丸)が天狗と修行してたんやね〜と話しつつ歩きました。
途中義経が飲んだ水飲み場などもあります。

義経塚  背比べ石

有名な木の根道。

山の中には魔王殿などもあります。ここは大杉権現です。
最近は山全体がパワースポットとして有名になってきたみたいで;おたっきーな男子が一人で黙々と参ってるのとよくすれ違いました。(笑)

降りて来て、貴船神社を置いておいて先にお昼(神様ごめんなさい 笑)
味はふつ〜う。でした;

貴船神社。夜になると明かりが灯ってとても綺麗です。

水の神様なので、川の中のあちらこちらに門松やお花が。

ここの狛犬様ロングで綺麗に巻き毛やね^^;

貴船神社の奥の院です。こちらはあまり知られてないのか、人がいなくてゆっくりお参り出来ました。

コレは何?君たちお昼は終わったろ?(笑)
こ〜ば〜ら♪ が 空いたの〜(笑)
鮎茶漬け

おぜんざい

錦糸卵のせうな丼(錦糸卵でなくて卵焼き。。。のような 笑)
これ美味しかった。

これらはお土産と河原町周辺南座とかこないだ閉店しちゃった阪急^^;
四条大橋の所で電車の乗り換えなので、ちょこっと商店街に寄って買って貰った。
私は散歩があるのでここで別れて先に帰った。
みよしやっていうのが凄く並んでたので気になって買ったみたらし。
写真は撮ったらあかんやの何やのと煩いお店だったそうです。
うめぼしは、梅の専門店のお姉さんに味見を勧められて乗っちゃった風だそうです(笑)
みたらしと、うめぼしは至って普通な味でした;
葛湯はまだ頂いてません。

さて、今年一年も忙しいだろうけど頑張って行きましょう♪
: 京都 : 21:28 : comments(1) :
京都 花見 嵐山 天龍寺


 
麺がのびのび;でした。

2009年 花見の続き〜

2009.4.4

: 京都 : 15:33 : comments(0) :
京都 貴船


貴船神社 水神様


: 京都 : 15:20 : comments(0) :
2009京都 嵐山 花見
 
 

2009.4.4(土) 曇りのち雨〜::
: 京都 : 22:08 : comments(0) :